⑻ 数学は遅れている

 空間にある平行な2本の直線を思い浮かべてください。そのうちの1本を少し回転させると、平行でもなく交わりもしない2直線ができる。それらの関係を「ねじれの位置」といいます。生徒だったか先生だったか、それを左のようにかいた。

$こくばん塾 生田英数会 塾長のブログ-ねじれの位置の作図

 もぐりこんだ直線を消したところが面白い。きっとそれでトンネルのように下をくぐっていると言いたかったのでしょう。苦肉の策ですが、これでは空間の感触はゼロです。そしてこんな図ですます教師も生徒も沢山いるでしょう。

 ぼくは高校の数学は、もっと空間について豊かなイメージを持てるものでなくてはいけないと考える。テレビでも3Dとか立体視と言われる世の中。コンピュータグラフィックスやCADなどを使う世の中。空間の問題を解かせるより、空間の図をかかせることが先決だと、学校関係の方に申し上げたい。
 下は子供たちに「ねじれの位置」を説明抜きで分かってもらえるようにかいた図です。

$こくばん塾 生田英数会 塾長のブログ-2枚の三角定規